消防士になるには 高卒

MENU

高卒で消防士になるには?

消防士になるための一般的なルート

消防士ルートの画像

 

まず、消防官採用試験の基準は自治体によって異なる、ということをしっかりと頭に入れておかなければなりません。

 

どのように分類されているのかを詳しく解説していきたいと思います。

 

東京以外の自治体では「消防士A」「消防士B」

東京以外の地方自治体では、以下のように分類して消防官採用試験を実施しています。

 

・消防士A→大卒程度
・消防士B→短大・高卒程度

 

東京の場合はT類・U類・V類・専門

「東京消防庁」では、以下のように分類して消防官採用試験を実施しています。

 

・T類→大卒
・U類→短大卒
・V類→高卒
・専門→法律や化学など、特定の分野について専門的な知識を持っているかどうか

 

はしご車画像

東京消防庁では、より細かい分類をしていることが特徴ですね。

 

高卒者が消防士になるためには、地方であれば「消防士B」、東京であれば「V類」の採用試験を受ける必要があります。

 

消防士は「地方公務員」になります。自治体によって試験の日程や内容も若干異なりますので、まずは自分が受験しようとしている地域ではどんな試験方法になっているのかを確認してみましょう。

 

高卒で消防士になるにはどうしたらいいの?

高卒の場合は、以下の手順で消防士になることができます。

 

高校を卒業

まずは、当然ですが高校に入学し卒業、または卒業見込みの資格を得る必要があります。

 

採用試験に合格

消防官採用試験は、1次(筆記試験・適正検査など)2次(面接試験・体力検査など)で構成されており、どちらも合格しなければいけません。

 

消防学校へ入学

採用試験に合格後、消防学校へ入学します。

 

消防学校では、消防士としての基本的な仕事や消防に必要な機材の扱い方を学びます。

 

全寮制になるため、消防士を目指す人は寝食を共にしながら、ここで消防士になるための経験を積んでいくことになります。

 

消防学校の在籍期間は大体半年程度、この間も自治体からお給料が出ます。

 

配属先の決定

研修修了後、いよいよ配属先が決まり消防士としての勤務がはじまります。

 

どんな人でも消防士になれるわけではない

消防士ヘリコプターの画像

高校や大学を卒業したら、誰でも消防士を目指すことができるわけではありません。

 

きちんと条件があり、その条件をクリアした人のみが消防官採用試験を受けることができます。

 

では、どういった条件があるのかを見ていきましょう。

 

年齢制限

まず、消防官採用試験には年齢制限があります。

 

高卒の場合、受験できるのは17歳からと決められていますが、上限に関しては自治体によって異なりますので、必ず自分の自治体では何歳まで受験が可能かを確認してください。

 

社会人になってから消防士を目指す場合などは、この年齢制限が非常に重要になります。

 

自治体によっては、高卒だと21歳までしか受験資格がない自治体もありますので注意しましょう。

 

身体的な基準

また、消防士になるには「体型などの基準を満たしているのかどうか」も確認しておかなければなりません。この基準も自治体によって異なりますが、大体の基準は以下のとおりになります。

 

男性の場合

身長:160センチ以上
体重:50キロ
胸囲:身長の半分以上あること
視力:矯正視力が0.7以上であること、片目で0.3以上あること、赤・青・黄を識別できること
聴力:正常であること
肺活量:3000cc以上あること

 

女性の場合

身長:155センチ以上
体重:45キロ以上
胸囲:身長の半分以上あること
視力:矯正視力が0.7以上であること、片目で0.3以上あること、赤・青・黄を識別できること
聴力:正常であること
肺活量:2500cc以上あること

 

この基準をクリアしていないと試験を受けることができませんので、この基準をクリアしているかもしっかりと確認してみて下さいね。

 

消防士は独学でも目指せる?

消防車の画像

もちろん独学で目指すことも可能ですが、「あまりおすすめしていない」というのが正直な所です。

 

調査会社で毎年実施されているアンケートでも、合格者の約8割以上が「予備校または通信講座を活用した」と回答しているように、独学の合格者の割合が極めて少ないのが現状です。

 

独学をおすすめしない理由

採用試験の出題範囲は非常に広く、学校では学習しない分野の問題もたくさん出ます。

 

独学だと、どうしても甘えが出てサボりがちになってしまったり…また出題傾向を分析したり分からない部分を調べるのに時間を取られてしまったり…お世辞にも学習効率が良いとは言えません。

 

消防士は、地域によっては倍率20〜30倍と非常に難易度が高いと思われがちですが、しっかりとした事前対策をおこなったうえで臨めば、決して突破不可能な試験ではありません。

 

少し調べてみれば分かると思いますが、予備校や通信講座の中には、なんと合格実績50%を超えるところもあるほどです。

 

どうしても消防士になりたいという夢があるのであれば、合格ノウハウを豊富に持っている予備校を利用するか、もし何らかの事情でそれが難しいのであれば、独学プラスアルファで安価な通信講座を組み合わせてみてはいかがでしょうか。

 

講座などで使用されているテキストには、長年積み重ねられたノウハウが豊富に詰まっており、書店などで売られている参考書とは段違いにクオリティーが高いです。

 

またサポート体制も万全なため、1人でだらけてしまったり、学習分野の抜け漏れなども防ぐことができるメリットがあります。

 

既に独学で目指すと決めている方も、無料の案内資料を取り寄せれば、テキストの中身や合格実績などを確認できるので、参考がてらに一度見比べてみると良いと思いますよ。

 

実績の高い講座はどれ?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」は、採用試験の対策講座を一覧比較&一括資料請求ができるスクール専門サイトです。消防官向けの対策講座は、通信講座を含めると全国に30以上もあり、それぞれ学習内容・期間・料金・実績などが異なります。これから消防士を目指す方は、まずは気になる講座の無料パンフレットを取り寄せて、各講座の特色やテキストの内容、合格実績などを確かめてみることから始めましょう。

 

詳細ボタン