消防士 仕事内容

MENU

消防士の仕事内容とは?

消防士と一言でいっても、その仕事内容は様々。

 

では、一体どんな仕事をしているのか?について記述してみましょう。意外なところで消防士が活躍していることもあります。

 

火災の消火

消防士と言えば、まず思いつくのが「消火活動」ですよね。消防士は火災が起きた現場に真っ先に駆けつけ、火災の延焼を防ぐための活動や消化活動、そして人命救助などを行います。

 

ただやみくもに水をかけて消化をするというのではなく、風向きなどから火が広がる方向をすばやく察知した上で「どういった方法で火が広がるのを防ぐか」を判断しなければなりません。

 

また、近隣住民の避難もおこなうなど、人の安全を最優先に消化活動を実施します。

 

119番を受けての出動

消防士は、怪我や病気での119番通報を受けて駆けつけ、救急車で医療機関に搬送をする役割も担っています。

 

だいたい3名で現場に赴くことが多いですが、そのうちの1人は「救急救命士」といって「医師の指示を仰ぎながら、その場で適切な応急処置を行う」という重大な役割を果たします。

 

救急救命士については、現時点ではその権限が限られているために「一分一秒を争う現場での応急処置について、さらに権限を広げることを検討すべき」という指摘もあるそうで、今後できることが増えていくかもしれませんね。

 

災害現場での救助活動

日本は年間通してあちこちで災害が発生しています。火事はもちろんですが、河川の氾濫やがけ崩れなどが起きた時に出動し人の救助活動を行うことも消防士の大切な役割のひとつになります。

 

災害現場では、土砂崩れの下敷きになってしまったり川の流れに取り残された人などが出てくることもあり、そういった人たちをいち早く救助しなければなりません。時間との戦いの中で、適切な行動をすることが求められる重要な仕事です。

 

他にも「火事の恐ろしさや怖さを伝える活動」「消火器の使い方をはじめ、火事の際にどういった行動をすればいいのか」などを市民に伝える活動も実施しています。

 

実際に防火訓練などを行うこともあり、万が一の際に人を助けるだけでなく「火事が起きないようにするための工夫」についても指導しているのです。