消防士 適正

MENU

消防士に適正はある?

どのような職業にも言えることなのですが、それぞれの職業には適性というものがあります。

 

適性がなくては絶対に働く事が出来ないというわけではありませんが、適性がないと面接などで判断される場合、その職に就くことは難しい場合があります。

 

ここでは、消防士の適性について見ていきたいと思います。

 

消防士の適性ってどんなものがある?

消防士の適性としては、以下のような点が挙げられます。

 

・物事や状況を冷静に判断できる
・責任感がある
・強い意志がある
・体力がある
・チーム行動が出来る
・オンとオフの切り替えが出来る
・ルールを守る事が出来る
・まずは自分の命を守ることが出来る

 

など、このようなものが消防士の適性として挙げられます。

 

まず、物事や状況などを冷静に判断することができるかどうかというのは、とても重要な事です。

 

消防士は、危険な現場に出向くことが多く、そのたびに冷静な対応が求められることになります。

 

そのような際に慌ててパニックに陥り、冷静に判断できずに意味の分からない行動をとってしまう方は適性がありません。

 

常に落ち着いて、周りの状況をよくみることが出来る方に適性があります。

 

また、責任感があることもとても重要です。

 

自分の命をかけて人を助ける仕事ですので、責任感がなく、すぐに諦めたり投げ出したりする方には適性がありません。

 

責任感を強く持ち、自分の意志がはっきりとしている方に適性があります。

 

そして、消防士というのは団体行動を行う仕事です。

 

一人だけで勝手な行動をとってしまう方には適性がなく、チーム全体で協力して動いていける方に適性があります。

 

また、体力があることも大切です。

 

消防士は身体の大きな方を救出することも多々ありますので、そのような際に体力がなくては救出することができなくなってしまいます。

 

意外と勘違いされやすい部分として、「まずは自分の命を守る事が出来る」という点があります。

 

消防士は自分の命を犠牲にして人を助ける仕事だと思っている方も多いかもしれませんが、それは間違いです。

 

確かに人の命を助ける仕事なのですが、まずは自分の命を守らなくてはなりません。

 

自分が犠牲になったところで、それを助けようと他の消防士までもが巻き込まれる可能性があります。

 

人命救助を行う際にはまずは自分の命を守るということが出来る方でなくてはなりません。