1年目 消防士 仕事

MENU

1年目の消防士の仕事とは?

社会人になったからといって1年目の新人がすべての業務を行えるわけではないように、消防学校を出て消防士となったばかりの職員も、まだまだ新人です。

 

まして人の命を救う消防士が未熟なまますべての業務を行うことは難しく、まずは先輩について消防士として働くための基本的なことを学ばなければなりません。

 

配置されたところには必ず先輩がいて新人指導をしてくれますので、こういった経験を積み重ねて少しずつ「消防士としての業務を身に着けていきます。

 

最初に配属されるのは

最初にどの部署に配属されるのかはそれぞれ。ただ、初心者の場合は消防士として基本的な業務になる「火消し」をまかされることが多いと言われています。

 

消防士の仕事は非常に幅広いものですが、多くの人が認識している通り「火消し」は消防士の基本的な仕事になりますので、まずはこの仕事から覚えていくということですね。
また、他にも「ポンプ車」で働く隊員となることも。ポンプ車は消化活動の肝となる車両ですので、消防士となったからにはその扱い方を必ず熟知していなければなりません。

 

ポンプ車は消防学校でもその扱い方をしっかり学びますが、やはり学校と実践では色々なことが違ってきます。実践でもきちんと使いこなすことができるように、現場でも使い方を徹底して学んでいきます。

 

まずは先輩から学ぶことが大事

どんな世界でもそうですが、まずは「先輩から学ぶ」ということが重要です。先輩は何年も現場で経験を積んでいますので、やはり見て学べるものは大きいでしょう。

 

日ごろから先輩の動きをみてどんどん取り入れていくことは本当に大切なことになりますので、1年目はとくに先輩の背中を見るということが重要になってきます。

 

日常生活から何を吸収するかでいろんなことが変わってくるのは、サラリーマンも公務員も変わりません。

 

1年目をどう過ごすかで、消防士としてどう成長できるかが変わっていくこともあります。新人らしく謙虚に、色々なことを吸収していきたいですね。