消防士 人気

MENU

消防士が人気の理由とは?

消防士、なぜこんなに人気?

消防士という職業は、非常に人気が高い職業です。各地で行われている消防官採用試験は、倍率が10パーセントを超えるほどの人気。

 

合格のためにはかなりの努力が必要であることは間違いありません。

 

では、消防士という職業はどうしてこんなに人気があるのでしょうか。その秘密に迫ってみましょう。

 

安定した給与が見込める職業であること

まず、消防士という職業が「安定した給与が見込める仕事である」というのが大きいです。

 

消防士は地方公務員になりますので、景気に左右されることのない安定した給与をもらうことが可能ですよね。

 

景気に左右されない職業であるということは、地方公務員最大のメリットになります。

 

景気が回復してきたとはいえ、どの企業もまだまだ不安定ではありますし、またいつ不景気になるかもはかりにくい世の中ですので、「将来のことを考えて、安定した給与が見込める仕事を」という意味で消防士を目指すという人は少なくありません。

 

平均年収が高い

また、消防士の平均年収は全体から見ても高めです。

 

「年収ラボ」というサイトによれば、サラリーマンの平均給与は平成25年の段階で414万円。東京都では、41.7歳の平均年収が580万円となっています。

 

一方で、消防士の平均年収は718万円です。実に100万円以上の差がついていますので、「高いお給料をもらえる仕事である」ということは確実です。

 

こういったことも、消防官の人気に?がっていると言えるのではないでしょうか。

 

もちろん最初からこのようなお給料をもらえるわけではありませんが、きちんと働いていればこのくらいの給与をもらうことができる可能性は十分にあります。

 

これだけの高収入であること、さらには安定した職業であるということが、消防士の人気を高めていると考えていいでしょう。

 

しかし、非常に責任を求められる職業でもある

このように、非常に人気のある職業である消防士ですが、時には命の危険があるような現場にも出動しなければならない大変な職業でもあります。

 

火事の現場に駆けつけることはもちろんですが、災害があった場合も救助活動をしなければなりません。

 

東日本大震災では、自分の知人が行方不明になって探しに行きたいという気持ちをおさえて出動をしたという消防員もいます。

 

時にはこのような難しい選択を強いられる仕事であるということも考えておかなければなりません。

 

お給料が高く、安定した職業だからと言って誰にでもできるような仕事ではないということですね。