消防士 階級

MENU

消防士の階級について

「消防士」というと、そのものが独立した職業のように見えますが、実は「消防吏員」という組織の一番下に位置する職を消防士と呼んでいます。

 

消防吏員には10のランクがありますので、このランクについてご紹介しましょう。

 

消防総監

消防吏員の中で一番上位に位置するのが「消防総監」。この消防総監は、東京消防庁でのみ使用されているものです。この役職は東京の消防署でのみ権限を得ることができます。東京以外ではなじみが少ないかもしれませんね。

 

消防司監

人口が50万人を超える都市のことを「政令指定都市」と呼んでいますが、その政令指定都市にある消防本部において「消防長」と呼ばれているのが消防司監です。政令指定都市では、この消防司監が消防吏員の最上位となり、現場に出ることなく本部で指揮をとります。

 

消防正監

市町村の中でも人口が30万人を超える、消防吏員が200人以上になる消防本部の本部長を「消防正監」と呼んでいます。消防正監も、現場にでることはなく本部で指揮をする存在です。

 

消防監

市町村の中でも人口が10万人以上であること、消防吏員が100人を超える地域の本部長は「消防監」と呼ばれます。署長もしくは消防長と呼ばれる役割を果たす仕事です。

 

消防指令長

消防の仕事の中で、隊を統括して指示を出すのが消防指令長です。災害の現場では、ひとつの隊ではなく複数の隊で業務にあたることも多く、そういった場合はこの消防指令長が現場の指揮を執って指示をします。消防指令長になると、救助活動には加わらず「あくまで指揮をしてどう人命を救助するか」の指示をするようになります。

 

消防司令

災害現場で指揮の決定権をもつのが消防指令です。

 

消防司令補

消防士長を何年か勤めると、その上である「消防司令補」の昇進試験を受けられるようになります。ポンプ隊や救急隊をはじめとする小隊を率いて任務を遂行する仕事になります。

 

消防士長

初めて「幹部」と呼ばれるようになるのが、この消防士長。現場では、ポンプ隊や救急隊、救助隊の指揮をとります。

 

消防副士長

消防士からひとつランクアップすると「消防副士長」になります。消防士長は下の消防士たちをまとめあげ、先導するような先輩的な役割を果たすことが多い役職ですね。消防士はまずこの消防士長を目指して頑張ることになります。

 

消防士

消防吏員の道のりは、消防士から始まります。まずは消防士としての仕事をしっかり覚えてこなしていくことが先に?がるということを頭にいれ、頑張りましょう!努力すればどんどん活躍の場が広がっていきますよ。