消防士 資格

MENU

消防士に関する資格にはどんなものがある?

救急救命士の資格が有名

消防士自体、試験を受けて合格することができなければなることはできない仕事です。

 

ですが、その消防士から人気が高い職業のひとつに「救急救命士」があります。この救急救命士の資格についてご紹介しましょう。

 

救急救命士とは?

救急救命士は、1991年にできた「救急救命士法」により作られた職業のひとつ。

 

実は、119番通報がきた際に駆けつける消防隊員には限られた範囲の応急処置しか認められていませんでした。人工呼吸もしくは止血などの応急処置のみでは、目の前で危機に瀕している命を救うための行為に限界が出てきます。

 

御存知の通り、事故や突然の病気では「できるだけ早くに応急処置を施す」ということが生命に非常に大きな影響を及ぼしますので、現場でできることに大きな制限があるのはデメリットと言われていました。

 

そこで「救急救命士法」が成立し、救急救命士が限られた範囲ではありますが、より踏み込んだ応急手当てをすることが可能になったのです。

 

しかし、救急救命士が医療行為をする場合は医師の指示が必要であると定められており、まだまだ処置には限界があります。そこをどうしていくのかが今後の課題にもなっています。

 

救急救命士が現場でできることがふえれば、それだけ救える命も増えるはず。人の命を多く救うにはというところで議論をしてほしいですね。

 

救急救命士になるには

では、救急救命士になるにはどうしたらいいのでしょうか。救急救命士になるには、以下の二通りの方法があります。

 

救急救命士養成学校へ行くこと

高校を卒業すると、救急救命士養成学校をすることができるようになります。その救急救命士養成学校で2年学んだあと、国家試験を受けて合格すれば救急救命士を取得できます。

 

しかし、この方法で資格を取得したとしても消防吏員になることが出来ない場合は救急救命士として働くことはできません。救急救命士として働くためには、消防官採用試験を受けて合格する必要があるということですね。

 

消防士になって取得する

大学や短大を卒業して消防士になることで、後に救急救命士への道が開けることも。まず、救急救命士養成学校にて半年ほど講習を受講します。

 

5年もしくは救急に関する業務を2000時間をこえて行い、国家試験に合格すれば救急救命士として働くことができます。

 

合格率は大体80パーセントほど。難易度はそこまで高くないように思えますが、試験を受けられるまでが長いと考えれば「難易度は高い」と言えるでしょう。