消防官採用試験 体力試験

MENU

消防官採用試験|体力試験の内容とは?

体力試験はどんなことをやるの?

消防官採用試験と他の試験の大きな違いに、「体力試験があるかどうか」があります。消防士の仕事はなんといっても体力勝負になりますので、仕事をする上で問題のない体力があるかどうかはとても大切なことですよね。

 

その体力があるかどうかをみる試験です。具体的にはどのような試験を行うのでしょうか。

 

日ごろから運動をする癖をつけておきましょう

消防官は地方公務員になりますので、ただそれだけで「消防官になりたい」と考え、受験しようとする人もいるそうです。

 

しかし、消防官という仕事は私たちが考えている以上に苛酷であり、日々の厳しいトレーニングに耐えて初めてその仕事をすることができるもの。その訓練についていけないような人が合格するのは難しいでしょう。

 

当日の体力試験では、日ごろから体を動かして体力をつけている人、そうでない人の差がはっきり出ます。運動を積み重ねている人は、動きからして違うのでそこを見抜かれます。

 

勉強だけをするのではなく体力トレーニングに備えた体力づくりをしておくことも、消防官採用試験に合格するためには必要なものだと考えて下さい。

 

現に、消防官を目指す人が通う専門学校では、体力トレーニングも課目に入れていることがほとんどです。体力テストでのアピールも十分に武器になるということですね。

 

どんな試験が出るの?

体力試験の内容は、基本的なことばかりです。まず、体力をはかるためのランニング。それに加えて「反復横跳び」「上体おこし」などもテストのひとつですね。

 

小学生の体力テストにもある「反復横跳び」もテスト内容に入っています。

 

基本的なものばかりであるぶん、きちんと体を動かしているかも解りやすい内容になっていますので、試験内容を踏まえて体を動かす練習をしましょう。

 

特に、反復横跳びや上体おこしは「慣れているかそうでないか」が解りやすいので、しっかり対策をしておきたいです。